大田原市の名所・旧跡|大田原市観光協会(栃木県)
一覧へ戻る
大田原エリア

十一面千手観自在菩薩(不退寺)


所在地:栃木県大田原市新富町3-12-6  TEL. 0287-22-2803(不退寺)
十一面千手観自在菩薩(不退寺)
※クリックで拡大します。

木彫漆塗の立像で高さ1.5メートル、作者は不明ですが南北朝時代の作風を伝える貴重なものといわれています。
天文14年(1545年)大田原資清(すけきよ)が大田原城を築城後、城の四方固めの一つとして、東方の中田原(なかだわら)湯泉坂のふもとにお堂を建てて祭ったものといわれ、朝日観音の別名があります。その後、お堂が荒廃したので不退寺本堂に移されました。(見学は要予約)

一覧へ戻る