大田原市の名所・旧跡|大田原市観光協会(栃木県)
一覧へ戻る
大田原エリア

旧浄法寺邸


所在地:栃木県大田原市前田934  TEL. 0287-54-1111(大田原市黒羽支所管理課) 0287-23-8711(大田原市建設部都市計画課)
旧浄法寺邸
※クリックで拡大します。
 松尾芭蕉と曾良は元禄2年4月4日(陽暦5月22日、1689年)に浄法寺図書(俳号桃雪)に招かれた。「おくのほそ道」によれば、「黒羽の館代浄法寺何がしの方に音信る、思いがけぬあるじの悦び、日夜語つづけて云々」とある。一族をあげて歓待したのでずい分居心地がよかったのだろうか、黒羽で十三泊、あしかけ十四日の長逗留であった。とりわけ桃雪邸には八泊した。芭蕉句碑めぐり「山も庭も 動き入るるや 夏座敷」ダイナミックなタッチで、黒羽の山河と浄法寺家の庭園の美しさを絵画的に表した句です。現在残っている旧浄法寺邸は、芭蕉が逗留した建物ではありませんが、武家屋敷の趣を多分に残し、当時の雰囲気を味わうことができます。
[ 旧浄法寺邸を休憩スペース以外を利用する場合 ]
   利用日の3日前までに使用許可申請書を提出し、許可を受けてください。
   使用料  午前9:00〜12:00 → 1,500円
        午後1:00〜5:00→2,000円
        午後6:00〜10:00 → 2,000円
        午前9:00〜午後10:00→5,000円
【一般開放日】11月15日(土)・16日(日)・22日(土)・23日(日・祝)
       午前10時〜午後3時の間、旧浄法寺邸を開放いたします。
       観光案内ボランティア「ふるさとを知る会」が湯茶接待いたします。
旧浄法寺邸の紅葉の様子(平成26年11月撮影)≫≫
旧浄法寺邸紅葉 旧浄法寺邸紅葉 旧浄法寺邸紅葉 旧浄法寺邸紅葉旧浄法寺邸紅葉






大田原市観光協会と観光ボランティア「ふるさとを知る会」は紅葉の見ごろに合わせ松尾芭蕉ゆかりの旧浄法寺邸を一般開放致します。 庭園部分はさまざまな木々が立ち並び紅葉も楽しめることから、多くの人に楽しんでもらおうと、室内の一般開放を企画致しました。 開放日には「ふるさとを知る会」のメンバーが駐在し、地元特産の黒羽茶を提供するほか、会場周辺のガイドなども行います。芭蕉が見たのは夏の庭だが秋も素晴らしいので芭蕉も見られなかった紅葉をぜひ味わってほしいとおもいます。
一覧へ戻る