大田原市の名所・旧跡|大田原市観光協会(栃木県)
一覧へ戻る
黒羽エリア

鹿子畑翠桃邸


所在地:栃木県大田原市余瀬
鹿子畑翠桃邸
※クリックで拡大します。
  芭蕉が逗留した畢桃邸は、現在水田と化し、跡地に墓だけが残っている。翠桃の墓碑には法名(不説軒一忠恕唯庵主)と没日(享保十三戊申天初冬廿八日)、辞世の歌(きゆるとハ我ハおもハし露の五色こそかはれ花ともミゆ覧)が刻まれている。元禄2年(1689年)4月14日(新暦6月1日)、翠桃邸で七吟歌仙が興行された。連衆は、芭蕉、桃雪(秋鶉)、翠桃、曾良、(津久井)麹輪、桃里、二寸だった。翠桃邸跡には、このときの歌仙で詠まれた38句、すべてが掲げられている。
一覧へ戻る