文治元年(1185年)源平屋島の合戦で「南無八幡大菩薩、別してわが国の神明日光の権現、宇都宮、那須温泉大明神願はくはあの扇の真中射させてたばせ給へ」(平家物語)と念じて、見事扇の的を射落とした青年武士・那須与一宗隆の居城跡といわれています。(川田城跡ともいわれている。川田居館の出城ともいう。)