Topics

大田原屋台まつり

江戸時代・大田原神社の例大祭(4月上旬)で、大田原藩のみこしを奉納した7町内の当番町が引き回したのが起源といわれています。 花鳥・唐獅子などが精巧な技法で彫りこまれた屋台は見ごたえ十分。9台の屋台が金燈...

Blog

イベント

2018年度「おもて那須手形」発売中!

那須地域の温泉施設・レジャースポット・食事処・お土産店で、無料入浴や割引、プレゼントなどの特典が受けられる2018年度「おもて那須手形」を発売中です。1冊税込み1,080円で、購入日より1年間有効...

Blog

観光情報

芭蕉の里 くろばね紫陽花まつり

期間:平成30年6月16日(土)~7月8日(日)
会場:黒羽城址公園及び周辺地区
    ※観覧無料・駐車料無料
    ※期間中のライトアップ19:00~21:00
約6,000株のアジサイが黒羽城址公園とその周辺に...

Blog

観光情報

大田原市さくら祭

大田原市の桜の名所や、桜とともに楽しめるイベントや施設情報を「さくらマップ」としてご提供しています。大田原市内で見ることができる美しい桜、催しをお楽しみ下さい。

大田原

イベント・歳時記

臨済宗妙心寺派の名刹、雲巌寺

八溝山地のふところ深く、清らかな渓流に沿う境地に、臨済宗妙心寺派の名刹、雲巌寺があります。筑前の聖福寺、越前の永平寺、紀州の興国寺と並んで、禅宗の日本四大道場と呼ばれ、山門の正面にある朱塗りの反り...

黒羽

名所・旧跡

more?

City Information

大田原市について

平成17年10月に湯津上村、黒羽町と合併した『大田原市』は、鮎の漁獲量日本一の清流那珂川・箒川に挟まれた中・西部の那須野ヶ原の平野部と東部の八溝山系の山間部に大別されます。

中・西部の平野部は、大田原市の市街地を構成する都市機能の集積度が高い活力あふれるエリアで、栃木県北部の拠点地域です。

那珂川を挟んで東部地区は、八溝山系の美しい山並みが連なる日本の原風景が残る地域です。

湯津上地区は、日本三古碑の一つである国宝「那須国造碑」が祀られ、上侍塚と下侍塚の二つの古墳が残る古代のロマンを感じさせる地域です。

黒羽地区は源平屋島の合戦の英雄で弓の名手「那須与一」ゆかりの地であり、俳聖「松尾芭蕉」が「おくの細道紀行」で最長逗留(13泊14日)した地でもあり、雲巌寺や大雄寺などの古刹が残る数多い歴史文化遺産のある地域です。

清流那珂川の川音、八溝山系の涼風に身をゆだね、福寿草やカタクリの自生地も見られるなど豊かな自然景観の中で、いなか暮らしを楽しむには絶好の地です。

大田原市電子観光ガイドブックはこちらから!

more?

大田原市までのアクセス

大田原市までのアクセス
  • 東京から東北新幹線 那須塩原駅下車70分、タクシーにて大田原市まで10分
  • 仙台から東北新幹線 那須塩原駅下車70分、タクシーにて大田原市まで10分

more?

Shop Information

←
→

more?

大田原観光協会

Page Top