なぜ大田原市には酒蔵が多いのか。

そこに安全でおいしい水があったからです。那須連山という自然のろ過装置で磨かれた、旨味たっぷりの伏流水が、大田原の優しい味わいの地酒を育みました。

この、栃木県で最も多い六つの酒蔵が営む「地酒のまち」、「大田原市の地酒とまちおこし研究会」は、市内の六酒蔵と商工団体、酒米生産団体及び行政が、地酒を核としたまちおこしを実現すべく設立しました。